杉並区方南町の内科・呼吸器内科・アレルギー科・舌下免疫療法

いりたに内科クリニック
舌下免疫療法特設ページ

東京都杉並区和泉4-51-6 1階
丸ノ内線「方南町駅」より徒歩1分

03-5305-5788

診療時間

9:00~12:30/16:00~19:30

通常のいりたに内科クリニックの
ホームページはこちらから

いりたに内科クリニックHP

舌下免疫療法とは

Dental treatment menu

スギ花粉舌下免疫療法とは

スギ花粉舌下免疫療法とは、「アレルゲン」を少量から投与する事で体を慣らし、アレルギー症状を和らげる治療です。

2014年10月から保険適用が始まったお薬になります。

詳しく知りたい方は鳥居薬品のシダトレンHPへ。

 

スギ花粉症について

 スギ花粉は、東京では例年1月下旬頃から4月下旬まで飛散し、はなみず、くしゃみ、目のかゆみ、皮膚のかゆみ、咳、頭痛、倦怠感、微熱など様々な症状を来します。スギ花粉症は人口の約25%がかかっていると推定されています。

スギ花粉症は風邪との鑑別が重要です。院長は内科・アレルギー科を専門としており、風邪かどうかの鑑別を適切にお答えします。

診断はスギ花粉飛散期に生じる季節性のアレルギー症状の確認のほか、血液検査で行います。

 

 舌下免疫療法ついて

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因アレルゲンを投与していくことによって、アレルゲンにさらされたときに引き起こされる各種のアレルギー反応を緩和する治療法です。アレルゲンの投与方法には注射による皮下免疫療法と舌の下に投与する舌下免疫療法の二つがあります。舌下免疫療法は舌の下にアレルゲンを含んだ『シダトレン』という薬を滴下して体内に吸収させる方法です。

当院では皮下免疫療法は行っていません。より簡便で安全な舌下免疫療法を行っています。

 

『シダトレン』について

『シダトレン』は舌下免疫療法薬として2014年10月に国内で初めて保険適応となった内服薬(液体)で日本スギの花粉を原料として作られています。アナフィラキシーなどの重篤な副反応が少なくなるように様々な検討を行い臨床治験を経て発売された医薬品です。

治療ではシダトレン液を舌の下に1日1回滴下し、2分間保持した後飲み込みます。副反応の有無を確認しながら2週間かけて徐々に濃度を濃くしていきます。初回は医療機関内で服用していただきますが、その後は自宅での服用が可能です。毎日服用する必要があります。

シダトレンの処方は認定を受けた医師・医療機関に限られます。当院は処方認定医療機関です。 院長の外来に受診していただきます。

 

効果、開始時期、および治療期間について

有効率は約80%と報告されており、眼症状、鼻症状などスギ花粉症の症状全般に効果が期待できます。ただし即効性はなく徐々に効果が出てくるため長期の治療が必要です。花粉飛散期は点眼薬、点鼻薬、内服薬など従来の治療法も組み合わせて治療を行います。免疫療法の効果が出てくると併用薬の減量、中止が期待できます(効果には個人差があります)。

 強い副反応を避けるため新規患者様のシダトレン初回投与は花粉飛散時期(1月上旬から5月上旬)を避けて行います。

具体的には6月~12月中に初回治療を行います。

スギ花粉症舌下免疫療法の適応かどうかは随時、相談に乗ります。 

 

その他注意事項

治療が受けられない場合

・ 12歳未満の小児

・ 非選択的βブロッカーという薬を使っている場合(緑内障点眼液でも同様のβブロッカーを含むものがあるため注意が必要です。)

・ ぜん息などの呼吸器の病気や重症の心臓病

 妊娠・授乳中

・ 抜歯などの口の中の手術治療直後

・ 悪性腫瘍の治療中

・ 免疫系の疾患がある場合、ステロイド薬を内服している場合

・ その他医師が不適応と判断した場合

・ 抗うつ薬等を服用している場合は治療がうけられない場合があります。

 シダトレンは新薬のため発売後1年間は2週間毎の定期通院が必要です。長距離通院など定期的通院が困難と思われる場合は治療を受けられない場合があります。

 

副作用(副反応)について

・ 口の中の痒み、口内炎、軽い花粉症様症状などが報告さています。

・ 国内の治験では発生していませんが海外では稀にアナフィラキシーと呼ばれる強いアレルギー反応の報告があります。アナフィラキシーは、多くの場合医薬品などの投与後30分以内に発生する急性の過敏症反応でじんましん、腹痛・下痢、息苦しさ、血圧低下などのショック症状が現れる状態です。直ちに適切な救急処置を行わなければなりません。

・ その他体調不良時には服用を中止していただくこともあります。

・ 治療を中断した場合は初期導入量からの再開となる場合があります。

・ 重篤な副作用(アナフィラキシー)が起こった場合は救急病院を受診していただきます。 

 

治療費について

健康保険の適応があります。3割負担でシダトレンの投与だけの場合、治療費は概ね1ヶ月に3,000円から4,000円です。初診時の他、検査・治療が必要な場合は治療費が増えますので詳しくはお尋ねください。

 

その他注意点

上記は標準的な治療法について説明したものです。患者さんによって様々な注意が必要ですので、詳しくは院長におたずねください。

    

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5305-5788

診療時間:9:00~12:30/15:00~19:30
休診日:日曜・祝日

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

午前 9:00~12:30
午後 15:00~19:30

土曜日は9:00~12:30
             14:00~16:30

休診日

日曜日・祝日

お問合せ

舌下免疫療法は完全予約制です。まずはお問い合わせ下さい。

03-5305-5788

アクセス

03-5305-5788

住所

〒168-0063
東京都杉並区和泉4-51-6

方南町駅1番出口より徒歩1分